前へ
次へ

アツアツのご飯に納豆をかける食べ方

ご飯のお供として人気があるのが納豆です。
地域によって好き嫌いがあるようで、関東地方やそれより東の人は特に抵抗なく食べられるようです。
一方関西人やそれより西の人は苦手な人が多いとされています。
関西では臭わないタイプの納豆が良く売れているようで、関東ではあまり意識されない臭いがポイントになっているようです。
納豆の食べ方は人さまざまで、もちろん自由です。
ただ健康も意識しながら食べるのであれば、いくつかのポイントを抑えて食べるようにしましょう。
納豆の健康成分としてナットウキナーゼがあります。
血液をサラサラにするなどの効果があるので、血液にトラブルを持つ人は効果が出るような食べ方を意識しましょう。
ナットウキナーゼの特徴として、熱に弱いとされます。
50度以上の熱に弱く、アツアツのご飯に納豆をかけようとするとたちまちナットウキナーゼの力が弱まります。
納豆を食べる時のご飯は、冷たいご飯か少し温かいぐらいのご飯にします。
アツアツでないと食べた気がしないなら、半分はアツアツ、半分は冷たいごはん等にする等工夫しましょう。

Page Top